記事一覧

複数メンバでの共有

PC

サービス利用の利点

会社で業務を進める場合、複数のメンバでファイルを共有しながら資料作成したいケースがある。また、既にある資料を、複数メンバで共有して利用したいこともある。これらの要望を叶えるものとしてあるのが、ファイル共有である。ファイル共有では、共有サーバーにファイルを格納しておくことで、複数人が同じファイルにアクセスできる。それにより、複数の人で資料を作り上げたり、情報共有として活用できる。ファイル共有においては、共有するためのサーバーを設置しておき、そこにファイルを格納してファイル共有することが一般的であった。しかし、自社内でサーバーを設置する場合には、サーバーの購入費用が必要になることやメンテナンスも必要になる。これらの初期費用とメンテナンス費用を抑えるためのサービスが、ファイル共有のクラウドサービスである。クラウドサービスであれば、サービスに入会するのみで利用できる。その為、自社でサーバを購入する必要が無くなり、初期投資を大きく抑えられる。また、メンテナンスはクラウドサービスを提供する業者が行う為、その心配もなくなる。さらに、ファイル共有で問題になるのがディスク不足である。利用しているうちにディスク空き容量が減り、利用できなくなるケースもある。この場合、ディスクを買い足すなど必要があったが、クラウドサービスでは容量の多いサービスに乗り換えるなどで解消ができる。ファイル共有において、クラウドサービスの利用は特に利便性が高い。

Copyright© 2017 会社でスケジュールソフトを使おう【仕事の効率アップが可能】 All Rights Reserved.