たんす預金か銀行か

クラウド

クラウドを利用したデータ共有は、その利便性もありながら、その反面でリスクと隣り合わせの一面もあります。預金管理と同様にキャッシュカードの管理を徹底し、財産を守るという意識をしっかり持って利用するようにし、円滑なファイル共有を目指しましょう。

詳しく見る

オススメ記事

記事一覧

業務効率化のための導入

PC操作

企業で会議などのイベントについて、そのスケジュール調整はとても工数のかかる作業で、効率が良くならないものだったのです。これをスケジュールソフトを導入することで、参加調整がしやすくなり、その結果この業務の効率化が進められるようになるのです。

詳しく見る

ファイル管理を簡単に

ファイル

現代では、様々なデバイスがインターネットに接続されていますが、それによりクラウド技術も発達してきました。特にオンラインストレージタイプのクラウドサービスを利用したファイル共有は、その利便性の高さから様々なシーンで利用されています。

詳しく見る

業務効率化も夢じゃない

カレンダー

社内のメンバ間で円滑に業務を進めていくためには、互いのスケジュールを把握しておくということが重要になる。これらを実現するためのものがスケジュールソフトであり、共有機能や外出先からも閲覧できる機能などがあるものが多い。

詳しく見る

複数メンバでの共有

PC

社内で複数人のメンバで資料作成したり、資料共有したい場合には、ファイル共有をする必要がある。その場合、クラウドサービスを利用すると利便性が高い。クラウドサービスでは、初期投資を抑えることができ、メンテナンスの手間も省ける。

詳しく見る

予定確認は業務の基本

カレンダー

予定確認を効率化する

ビジネスにおいて、いろんな会議などを開催するときに、参加を希望する方のスケジュール調整はとても重要な業務になっています。この調整業務ですが、外出などの理由で中々捕まらず、予定が調整できないことが多いのですが、それを改善するために、スケジュールソフトを導入することが多いのです。スケジュールソフトは、各個人の予定を登録することから始まるのですが、他の担当からも参照できたりすることも可能になっています。これにより会議などのスケジュール調整が用意になるために、工数削減や業務効率化の観点から人気を集めているソフトになっています。また会議室やプロジェクターなどの備品についても、同じように予約ができるようになっているので、会議と共に確保できるようになっています。さらにスケジュールソフトは、会議が予定された場合に、その会議案内をメールシステムで送ることも可能になっています。その会議案内をもらったら、その会議に参加するか不参加なのかということの他に、他の時間帯で開催して欲しいと言った要望も出せるのです。また他の担当を参加させたいので、その会議案内を転送する機能も搭載しているので、より効果的に会議を開催できるようになっています。なお会議の予定には、会議内容を記載する他にも、会議資料を共有することも可能になっているので、配布忘れなどを避けることが可能です。もちろんスケジュールソフトには、各担当の行動予定を把握するということもあるのですが、業務効率化でも役に立つことが多いのです。

Copyright© 2017 会社でスケジュールソフトを使おう【仕事の効率アップが可能】 All Rights Reserved.